iPadをApple Pencilから選ぶ【iPad第9世代とiPadAir4のペンシル性能の違い】

前回の「iPad第9世代」の動画に「Air4」と「iPad第9世代」買った方がいいんだろう、アップルペンシルの仕様もイマイチわからない、というコメントをいただき
絵描きなら描き味から考えたアップルペンシルを軸にしたiPadの選び方、的なのを撮ってみようと思い撮った動画です

⏩前回の記事
★新しいiPad 第9世代をおすすめする理由をiPad絵師歴5年の僕が紹介

新しいiPad 第9世代をおすすめする理由をiPad絵師歴5年の僕が紹介
2021年9月15日未明 アップルの新しい製品発表会がありましたね! 目玉としては「iPhone13シリーズ」だったとは思いますが iPad絵師歴5年の僕としては、絵を始めたいと思ってる初心者絵...

 

⏩関連動画
★M1 iPadProみんな買う?iPad絵師なら次の端末どうするか考えた結果

M1 iPadProみんな買う?iPad絵師なら次の端末どうするか考えた結果
M1iPad Proとうとう出ますね! 絵描き目線で新型iPad Proどうするか話していきます! 動画の台本公開 ※これは記事ではなく台本です。上に...

 

今回登場したiPad&周辺機器


 

当サイトでのイラスト制作構成、またオススメです

 



動画の台本公開

※これは記事ではなく台本です。上に埋め込んだ動画をみていただければまったく同じことを書いています。

どれぐらいの文字数だと何分ぐらいの動画になるのか、など参考になれば幸いです。

いらっしゃいませ

昨日のiPad無印おすすめ動画が
寝て起きたら2000再生突破しててこの動画を作ってる間も普段の僕の動画の平均再生数を毎分更新してて驚愕してる隼人ろっくです

みなさん本当にありがとうございます

あ、ちなみにこのチャンネルは「お絵描き系のチャンネル」ですので今後もガジェット系の動画を上げ続けるか、ってのはお約束出来ませんのでご理解ください

ただ、ガジェットは好きなので(僕のチャンネル登録も半数がガジェットチャンネル)
僕が興味があり、かつ「お絵描き」に関係のあるものは今後もやってみたいと思います
※なので同じアップルの製品であるiPhoneはお絵描きデバイスとしては(僕は)使ってないので動画にすることはあまりないかもしれません)テロップ

———————————–アイキャッチ——————————-

今回はサムネイルにもあるように「Apple Pencil【から】iPadモデルを選ぶ」といた内容の動画になります

Apple Pencilの性能、初代と二代目の違い、そしてiPad側の違いをこれまた、やはり絵描き視点で解説していきます

まず、大前提として資金に余裕があり、かつお絵描きをある程度生活の中心に考えているのであれば「iPad Pro 12.9インチ」が一番おすすめです

絵師にとってキャンバスが大きいのは正義ですし、Apple Pencilの性能をフルに享受出来ます

ただしこれを揃えるには約15万円の資金が必要となります

これ程の高額になるとそれなりの性能のパソコンと中華液タブを買う事を検討する方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はあくまで「iPad」ということで話を進めます

———————————–アイキャッチ——————————-
はい、では今回のテーマであるApple Pencilの性能を見ていきます

2021年9月現在
アップルペンシルは2(ツー)タイプのモデルが出ています

ここからは「初代」「二代目」と呼びます

初代の最大のデメリットについては前回の動画で語ってますので、是非ともそちらをご覧ください
使う上での最大のデメリットとなります

おすすめカードと概要欄にリンクしておきます

ペンにおいて一番大事なのは「描き味」ですよね

そこに一番直結する項目の一つとして「レイテンシ」という性能が挙げられます

初代はレイテンシ20ms、二代目は9msという数値になります

20msとか9msとかなんだかよくわからない単位ですよね

20msとは1秒の1/50です 0.02秒

つまり、ペン先と秒画面の間を1秒間で50回やりとりします

9msとは1秒の約1/111です 0.009秒

つまり、ペン先と秒画面の間を1秒間で約111回やりとりします

はい、ここまで行くとペン側ではなく受信側のiPadの画面のリフレッシュレートの話もしていかなければいけません

iPad無印(第9世代)とAir4はディスプレイのリフレッシュレートが60Hzです

iPadProは120Hzです

これは1秒間に何回映像を切り替える事が出来るか、という数値です

60Hzは1秒間に60回切り替わり
120Hzは1病患に120回切り替わります

おや?この数字…
先程似たような数字が出てきませんでしたか?

アップルペンシル初代が20msで一秒あたり50回やり取りが出来る

二代目が9msで1秒あたり約111回やり取りが出来る

そうなんです
Apple Pencil二代目はiPad Proのディスプレイフレッシュレート120Hzをもってして最大限の9msが実現出来ます

つまり同じアップルペンシル二代目が使えるiPadAirは
ディスプレイのリフレッシュレートが60Hzなので

この部分はオーバースペックで60Hz以上の部分は切り取られてしまいます

僕はアップルの技術者じゃないので正確な事は言えませんが

Apple Pencil二代目が細かい調整をされてるデバイスであるとすれば

このような事が予想でき

「iPad無印+初代ペンシル」より「Air4+ペンシル」の方が
この部分だけ滑らかに描ける事になります

ただ、これはあくまで僕の机上の空論でありApple Pencilがこの仕様だと言い切ってるわけではありません
こういった事を正確に測れる機関であったりアップル自身が公式発表してくれないとわからない事です

つまり、僕の仮設上

「iPad無印+初代ペンシル」→1/50秒レイテンシ
「iPadAir4+二代目ペンシル」→1/60秒レイテンシ※細かい調整がされてる場合
「iPadPro+二代目ペンシル」→約1/111秒レイテンシ

ということになります

つまり

こういう順で滑らかに描ける事になります

こうなると無印とAirはほぼ同等の描き味ということになります

もしも今後、Airのディスプレイリフレッシュレートが120Hzになれば現行のiPad Proと同等の滑らかさで描けるようになると思いますが

アップルとしてもProとそれ以外のiPadは差別化していきたいと思ってるはずなので

もしも無印やAirが120Hzになる頃にはProはさらに上の例えば140、150、200など120Hz以上のディスプレイを搭載してくると思います
その頃にはアップルペンシル三代目が出てきて9msから5msや3msなどのレイテンシのペンシルが誕生すると予想します

もちろんこれは僕の妄想です

———————————–アイキャッチ——————————-
はい、ここでまとめます

ペンシルを軸にiPadモデルを選ぶ上で描画力を基準にすると

無印とAirは同等、もしくはAirがちょっとだけ上

ただし今後Proへの買い替えや僕の妄想通りAirのリフレッシュレートが120Hzに対応した機種が生まれた場合は
Apple Pencil二代目を持っておいた方が今後の未来に期待が持てます

なので現状、今、この時だけで描き味を比較するのであれば

無印とAir4は同等であり

それ以外の判断材料としては
・価格
・デザイン
・チップ(無印(9世代)はA13チップ、Air4はA14チップ)

そして前回動画で語ったアップルペンシル初代の最大のデメリットをどう捉えるかで変わってくるかと思います

はい、今回は技術者でも専門家でもない僕が公表されてるデータから考察したアップルペンシルから考えるiPad検討方法でした

あくまでもiPad購入の判断材料としての参考に留めてください

はい、当店では普段お絵描き解説、講座系の動画を発信しています
この動画を観て、もしもお絵描きデビューを始めましたらこのチャンネルもご贔屓にしていただければうれしいです

また。次回のご来店をお待ちいたしております

それでは!

またね

ばいばーい

本日もご来店ありがとうございました。また次回のご来店をお待ちいたしております。

「LINEスタンプ」
「ゲーセンの店員さん」シリーズやスタンプオリジナルのキャラクターLINEスタンプをご用意しております。
Hayato_Rock LINE stickers | LINE STORE
Check out stickers by "Hayato_Rock" on LINEs official online store!
Twitterもフォローしていただければうれしいです。
僕の情報発信は基本的にここから拡大していきます。最新情報や生存報告はこちらからw
絵アカウント
https://twitter.com/hayato69rock
YouTubeアカウント
https://twitter.com/hayato69_YT
pixivもやってます。
pixivは唯一HP作成より以前のイラストが見られるイラストサイトです。
隼人_69
無職系イラストレーターです。【Twitter:】【YouTube: 】 【自己紹介】 いらっ…
オススメ記事です
塗り時間を短縮するチートツール【クリスタ CLIP STUDIO PAINT】
まさにチート! 塗り時間を短縮する超便利塗りツールの紹介です あの超有名お絵描き魔王さまも推してるツールです 僕も使ってみて納得の早さと、そして塗ってて楽しいです これからも使っていこうと...

自動選択ツールじゃなくてそこは◯◯マスク
イラスト描いてる時「自動選択ツール」に頼り切ってませんか? 「自動」とは耳障りの良い楽できそうな印象を持ちがちですが 細かく難しい設定をしないまま使ってると意外とかゆい所に手が届かないツールです ...

グラデーションレイヤーという超便利機能
グラデーションレイヤー? また僕の知らない機能が隠れてました クリスタは10年使っててもまだまだ知らない機能が沢山あります グラデーションレイヤー機能の便利な所みんなで覚えていきましょう! ...

レイヤーフォルダの【通過】って知ってる?
レイヤーを使ってたら 「あれ?合成モードが適用されないぞ?」 って事ありませんか? それはレイヤーに使ってるフォルダーのせいかもしれません レイヤーフォルダーのモード「通過」を知ると解決するか...

画像素材レイヤーの使い方【クリスタ CLIP STUDIO PAINT】
今回は「どういう時に使うの?ランキング」1位の 画像素材レイヤーの使い道を一個伝授します この動画を観れば画像素材レイヤーくんを有意義に使ってあげる事が出来るようになります ...

【イラストの保存】JPGとPNGどっち?選び方はこう!
今回はイラストを描いたらどっちで保存する? JPGとPNG どちらにも長所と短所があるよ どんな場合JPGにするか どこででPNGにするか を解決します。 その画像の使い道で決めよう!...

クイックマスク レイヤーマスク クリッピングマスク全部解説!【クリスタ初心者向け CLIP STUDIO PAINT】
以前個別だった 「クイックマスク」「レイヤーマスク」「クリッピングマスク」を一本にまとめました! 内容はほぼいっしょですが微調整してある箇所もあります ...

【クリスタ】パース定規の使い方【基本操作編】【初心者向け CLIP STUDIO PAINT】
今回は「定規ツール」のラスボス「パース定規」をやっていきます パース定規は2部構成になってますのでこちらは「基本操作編」です ややこしそうだけど必要な部分を掻い摘んで解説しました ...

【クリスタ】 パース定規の使い方【描画編】【初心者向け CLIP STUDIO PAINT】
今回は「定規ツール」の描画編です 実際にパース定規を使って簡単な背景を描いていきます パース定規は2部構成になってますので「基本操作編」まだ観てない方はそちらからお願いします ★【クリスタ]...

コメント

タイトルとURLをコピーしました